カードローンの審査に通る方法【審査基準を知り今すぐ借りる!】

すぐ審査を通したい方におすすめカードローン

どうしても審査に通ってお金を借りたい方は、下記の順番で申込みをしてみてください。確実に審査に通るために、最低限、一度に複数の会社に同時に申しこまない、申込書は正直に書く、申込書の不備を無くす、ことに気をつけてください。

 

 

アコム
アコム
  • 借入可能かすぐわかる!スピーディーな3秒診断
  • 初めてなら30日間金利ゼロ円
  • 審査は最短30分でOK!

アコムへ申し込む

プロミス
プロミス
  • 22時までの契約完了で三井住友銀行・ジャパンネット銀行を利用なら24時間最短10秒で振り込み!
  • 誰にも会わずに内緒で借りられます!
  • 借りる・返すがコンビニでもできる

女性用はコチラ>>
女性オペーレーターが担当しますが、男性の利用もOKです!
プロミスへ申し込む 

モビット
モビット
  • web完結申込を使えば利用開始までスピーディー
  • 電話連絡・郵送物がない
  • ローン申込機でも対応

モビットへ申し込む

レイク
新生銀行カードローン レイク
  • パート・アルバイトでも満20歳〜70歳まで借り入れ可能
  • 提携ATMでの借り入れ返済時の手数料が無料
  • 30日間無利息あり!5万円まで180日間無利息

 レイクへ申し込む

アイフル
アイフル
  • 最短30分で審査完了、即日融資※もOK
  • 誰にも知られることなくカードを受け取れる
  • 返済方法を選べる

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
アイフルへ申し込む

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
  • 即日審査・融資が可能で、最短30分での借り入れが可能!(※)
  • 限度額300万円以下の場合、収入証明書不要での利用が可能。
  • 金利年4.0〜14.5%と、銀行カードローンならではの低金利!

※申込時間によっては、審査結果の連絡が翌日以降になる場合があります。
三井住友銀行へ申し込む

カードローンの審査に通らない!?

「急な出費で今月あとちょっとお金が足りない!」
そんなときに便利なのが、カードローンです。
私も、以前、カードローンのお世話になったことがありました。
返済の計画さえ立てておけばこれほど便利なものはありません。
初めてカードローンを検討している方で、安定した収入のある方であれば、まず審査に落とされることはありませんが、既に他社に借入があったり、返済の延滞をしている方の場合、審査が難航するケースもあります。
このサイトでは、
「初めてカードローンをされる方」「カードローンの審査に通らない!!」
とお悩みの方向けに、わかりやすくカードローンの審査について説明します。

カードローンの種類と違いを教えて!

最初に、基本的なことから。カードローンとは、一般の消費者がローンカードを使ってATMなどでお金を借りることができるサービスです。
カードローンは大きく分けると、下記の3つになります。

 

銀行のカードローンネット銀行のカードローンローン消費者金融のカードローン

 

実は、それぞれメリットデメリットがありますので、目的にあったカードローンを選ぶ必要があります。

1)銀行のカードローン

一般的に、銀行のカードローンとは、大手都市銀行や地方銀行が取り扱うカードローンのことです。

カードローン 実質年率 借入限度額 おすすめポイント☆
オリックス銀行 3.0%〜17.8% 最高800万円 提携ATM手数料がいつでも0円!

銀行のカードローンの最大のメリットは、皆が知っている銀行が取り扱うサービスなので、安心感や信頼感が高いということです。
また、消費者金融などと比較した場合、低金利である場合が多くなります。
そして、銀行のカードローンなので、銀行法にのっとり、総量規制対象外となりますので、場合によっては、大きな借入額の取引が可能です。
逆にデメリットは、審査が厳しめであることです。さらに、審査申込みをしてから、実際に、お金を受け取るまでに数日間を要することがほとんどです。
つまり、即日あるいは次の日にお金が必要という方には向いていません。

メリット・・・安心感と信頼感が得られ、低金利。

デメリット・・・審査が厳しくお金を受け取るまでに時間が掛かることがある。

2)ネット銀行のカードローンローン

ネット銀行のカードローンローンとは店舗を持たないネットバンクなどが取り扱うカードのことです。楽天銀行やセブン銀行やジャパンネット銀行などが有名ですね。
こちらも総量規制対象外となりますので、場合によっては、大きな借入額の取引が可能です。一般の銀行カードローンよりやや審査に通りやすいと言われています。
また場合によっては、即日振込が可能な場合があります。
デメリットは、セブン銀行ならセブン銀行の口座を開設しなければならないことです。
また、楽天銀行なら、即日融資が当たり前の消費者金融などと比べた場合、審査に数日間かかることもあり、スピード感に劣るという点でしょう。

メリット・・・総量規制対象外。大きな金額を借り入れられる。

デメリット・・・審査に時間が掛かることもある。

3)消費者金融のカードローン

アコム、プロミス、モビットなどCMなどでもおなじみのカードローンを消費者金融のカードローンと呼びます。

カードローン 実質年率 借入限度額 おすすめポイント☆
アコム 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円

初めての利用する人でも安心。
申し込めるかすぐ分かる3秒診断あり。

プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 22時までのネットで申し込めば最短10秒で振り込み。
アイフル 4.5%〜18.0% 1,000円〜500万円

1000円から借り入れ可能。
最短30分で審査完了。

レイク 4.5%〜18.0% 1万円〜500万円

申込み完了画面に表示。選べる
30日間無利息。5万円まで180日間無利息。

モビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円

電話連絡なし。
webで完結できるので便利。

 

消費者金融のカードローンのメリットは、融資完了までのスピード感でしょう。
殆どの会社で、即日融資が可能であり、今すぐお金を受け取りたい方にとっては、何よりのサービスとなります。
一昔前は、過剰な取り立てなどであまり良い印象ではなかった消費者金融も、2010年の貸金業法の改訂後、健全な運営が行われるようになりました。最近では、大手の消費者金融が大手銀行グループの傘下に入るなど、安心感や信頼感が増しています。
デメリットとしては、総量規制の対象となり、借入額に制限があること。
銀行のカードローンに比べ、金利が若干高めであることなどです。

メリット・・・申し込みから融資完了までの時間が短い。

デメリット・・・総量規制で借り入れの限度額に制限がある。

これが基本!カードローンの審査に通る条件

高い確率でカードローンの審査に通る人の条件は以下のような方です。

  • 初めてカードローンを作る人
  • 安定した収入のある人(目安は200万円以上)
  • 今まで返済の延滞がない人

たとえば、ある大手消費者金融の貸付対象者は、
「20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」
となっております。
「当社基準を満たす」という箇所は、公開されていない基準ではありますが、上記3つに記した条件にすべて当てはまるという方は、よっぽどのことがない限り審査に通るはずです。
逆に、審査が厳しめになるケースは以下のような方です。

  • 他社にも借入がある
  • 今まで返済の延滞をしたことがある
  • 収入がまったくない
  • いわゆるブラックである

当然と言えば当然ですが、上記のような方は、ひとつでも当てはまっていれば、審査はかなり厳しくなるはずですね。しかしながら、上記に当てはまる方でもあきらめてはいけません。必ず審査に通らないというわけではないのです。このサイトでは、カードローンの審査に通りにくい方でも、審査で押さえておきたいコツを解説しますので、どうぞ最後までお読みください。

審査とお金を受け取るまでの流れはこんな感じ

1)必要書類を用意する

多くのカードローンサービスの場合、

 

本人確認書類(運転免許証またはパスポート・健康保険証)
収入証明書(源泉徴収票または給与明細書など)

 

を提出する必要があります。

2)必要書類の提出をして審査申込み

カードローンでお金を借りるためには、まず、銀行や消費者金融に必要書類を提出して審査を受ける必要があります。銀行のカードローンの場合、この審査に時間がかかるケースがほとんどです。消費者金融であれば、即日で審査の回答をもらえる場合がほどんどです。

3)店頭か自動契約機でローンカードを受け取る

審査の回答があったら、契約書類を提出します。
正式な審査回答をもらえいます。消費者金融の場合、店頭か自動契約機でローンカードを受け取るか、郵送でカードを受け取ります。また、条件付で即日振込をしてくれるサービスもあります。急いでいる方には、便利なサービスですね。

 

大手消費者金融のカードローンであれば、書類の提出から振込まですべてインターネット経由で行えるので、店舗に出向く必要がなく即日融資が可能なサービスがあります。

こんなところを見てる!カードローンの審査のポイントを教えて!

カードローンの審査の基本的な対象者は、返済能力があって、安定した収入がある人でしたね。
実はそれ以外にも審査のポイントとなるチェックポイントがあります。

審査のポイントとなるチェックポイント

  • 年収・・・借入額の限度額の判断基準にもなります。
  • 住まい・・・賃貸より持家の方が有利
  • 勤続年数・・・長く同じ会社で働いている方が有利。1年未満はかなり不利。
  • 電話・・・携帯電話だけでなく固定電話があるほうが有利
  • 滞納金・・・公共料金や信販会社からの滞納がないか等

申込書類に嘘を書いてはいけませんが、上記のポイントを知っていれば、審査が有利になる可能性があります。
事実であることが前提ですが、できるだけ審査に有利な情報を申込書には記載しましょう。

これだけは気をつけて!カードローンの審査でやってはいけないこと

カードローンの審査でこれはやってはいけない、やらないほうが良いということをまとましたのでぜひ参考にしてください。

カードローンの審査でやってはいけないこと

複数の会社に同時に申込みすること

審査に落ちるかもしれない、急いでいる、という理由から、複数の会社に同時に申込みをする人がいますが、これは、やめたほうが良いでしょう。通常、カードローンの申し込みをすると、個人信用情報機関を通じて、即座に審査担当者が確認することができます。
複数の金融機関に同時に申込みをすると、個人信用情報機関には、申込み記録がいくつも残ってしまいます。審査担当者がこれを見た場合、ポジティブに働くことはあり得ません。他社でも貸してもらえなかった、貸し倒れのリスクがある、総量規制を超える可能性があるなどの理由で、審査担当者は、申込み者に対して、ネガティブな印象を持ちます。結果的に審査に落ちる可能性が高くなります。

申込書に虚偽の内容を記載すること

これは当然のことですね。
申込書に虚偽の内容を記載すると、たいていの場合、ばれます。これも審査担当者にネガティブな印象を与えますので絶対やめてください。
特に、現在の債務状況などは、審査担当者は、各信用情報機関でで裏をとることができるので絶対に嘘を書かないでください。

申込みの不備を無くすこと

不備があって審査に落ちたらもったいないですね。
一度審査に落ちると、次の審査も通りにくくなる可能性があるので、最初が肝心。間違った情報を記載しないよう気をつけましょう。

複数の会社に同時に申し込んではいけない。
申込書は正直に書く。
申込書の不備を無くす。

お願い!今すぐ即日でお金を借りたい方へ

どうしても即日でお金を借りたい方は、迷わず大手の消費者金融のカードローンを選びましょう
消費者金融のメリットは、とにかくスピード感です。審査もスピーディですし、窓口の担当者の対応も慣れていますし親身になって相談にのってくれます。
インターネット経由で、必要書類の提出 → 仮審査 → 契約書提出 → 振込まで済んでしまうので本当に便利です。
最近では、大手金融機関の傘下に入った消費者金融が増えていますので信頼感や安心感もあります。
気をつけなければいけないのは、必ず、アコムモビットプロミスといった大手の消費者金融を使うことです。聞いたこともないような消費者金融からお金を借りるのは避けましょう。

とにかくできる限り低金利でお金を借りたい方へ

低金利でお金を借りたい方は、ネット銀行か一般の銀行のカードローンを利用すると良いでしょう
貸金業法の総量規制は適応外ですので、高額の借入も可能です。
ただし、銀行のカードローンは、審査に時間がかかるため、お金を受け取るまでに数日間かかるケースが多いです。また、消費者金融に比べると、審査は厳しめです。
今すぐお金を借りたい!とにかく即日融資を希望するなら大手の消費者金融をおすすめします。

 

なんてことだ!カードローンからお金が借りられなかった!!どうする?

カードローンでお金を借りれなかった場合、気分を一新して大手の消費者金融の審査を1社だけ申し込みをしてみましょう。試してみる価値はまだまだあります。
2社目までは、続けて申込みして良いと思うのですが、気をつけなければいけないのは、3社目、4社目と立て続けに審査申込みをしていくと、個人信用情報機関には、申込み記録がいくつも残ってしまうということです。個人信用情報機関に申込み記録がいくつも残っていると、審査担当者にはポジティブに働くことはありません。
数か月たってからであれば、改めて審査を受けても良いですが、立て続けに申込みしまくるのは控えた方が良いでしょう。まあ、どうしても今すぐお金が必要ということであれば、申込み記録が残ろうがなんだろうが、できるだけ有名な消費者金融から順に片っ端から申込みをすることになります。
「20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力を有する方」
であれば、審査には通る可能性があります。
「借りられるならどこでもいいや!」と開き直って、闇金や町金など怪しい業者には間違っても手を出さないように。
闇金や町金の甘い罠に気を付けて!

 

>>すぐ審査を通したい方におすすめカードローン